BLOG

ブログ

1月20日、通常国会が始まり、首相がその年全体の内閣全体の基本方針を示す施政方針演説が行われました。
その演説の中に、私がライフワークとして取り組んでいる「電話リレーサービス」が入っておりました。

たった一つの言葉ではないかと思われるかもしれません。
しかし、多くの案件がある中で、施政方針演説で「電話リレーサービス」取り上げられた事自体、驚くべき事なのです。
政府がこの事業にかける思いが伝わります。

(一億総活躍社会より抜粋)
バリアフリー社会の実現に向けて、公共交通機関における取組を強化します。耳の聞こえない方に対する、無償で手話通訳を利用できる電話リレーサービスを整備します。重度障害者の皆さんの就労の意欲を後押しするための仕組みを強化します。

残念ながら官邸の動画には字幕がありません。
これも今後改善してもらう事を提案させて頂きます。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0120shiseihoushin.html

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。